http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1392362828/
1:名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:27:08.67 0
_SL500_AA300_
坂倉昇平× 濱野智史「AKB48は宗教なのか、ブラック企業なのか」
AKB48とブラック企業』(イースト新書)刊行記念
http://bookandbeer.com/blog/event/20140224_b/
ミリオンセラーを連発しながら「労働問題」を歌い続けるアイドル、それがAKB48だ。
秋元康が手がける歌詞は、日本の労働をめぐる写し絵となっている。
会社人間、格差社会、自由競争、就活、ブラック企業、雇用の流動化……。
歌詞のみならずAKB48自体が、日本の雇用システムの再現でもあるのだ。

このような問題意識をもとに、ブラック企業問題に火をつけた「POSSE」編集長・坂倉昇平氏が書き下ろしたのが、『AKB48とブラック企業』。

本書刊行記念イベントとしてゲストに『前田敦子はキリストを超えた』の濱野智史氏を迎えながら、「AKB48は宗教なのか、ブラック企業なのか」を鋭く問うていく、もう一つのAKB48白熱論争!

坂倉昇平(さかくら・しょうへい)
1983年静岡県出身。東京都立大学人文学部卒。京都大学大学院文学研究科修士課程修了。2006年に若者の労働問題に取り組むNPO法人POSSEの立ち上げに関わり、現在は同NPO法人理事。2008年に雇用問題総合誌『POSSE』を創刊し、同誌編集長を務める。同誌では2010年に特集を組むなど、いち早く「ブラック企業」問題に警鐘を鳴らしてきた。共著に萱野稔人編『ベーシックインカムは究極の社会保障か』など。『AKB48とブラック企業』(イースト新書)で単著デビュー。

濱野智史(はまの・さとし)
1980年東京生まれ。批評家。慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。専門は情報社会論。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員を経て、現在、株式会社日本技芸にてリサーチャー。2011年から朝日新聞論壇時評委員、早稲田大学・千葉商科大学非常勤講師を務める。NHK NewsWeb水曜ナビゲーター担当。著書に『前田敦子はキリストを超えた』、『アーキテクチャの生態系』、共著に『AKB48白熱論争』など。

■AKB48とブラック企業 (イースト新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/4781650236/glamaz-22
AKB48とブラック企業 (イースト新書)

4 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:31:08.2
格差社会ってのはアイドルも一般社会も一緒だな

5 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:31:09.0
「前田敦子はキリストを超えたのか」の著者だからネガティブな内容ではないな

7 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:32:40.6
著者は坂倉昇平っていう人
「前田敦子~」はイベントの対談相手


9 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:33:30.6
ミリオン維持のためだけの握手要員か

13 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:34:07.5
尾木プロ、ホリプロ、渡辺プロは何十年も前からタレント使い捨て

19 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:47:52.8
右も左も分からない小中学生を握手要因にしてるんだから
AKBはブラック企業より残酷だろ


20 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:50:11.3
ブラック企業ちゃう
野麦峠や

21 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:54:39.0
地獄さ行ぐんだで

14 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:34:23.1
リンク先の一行目から的はずれな内容の臭いがしまくってる

22 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:56:24.0
暗部を追求してるような感じがまったくないな

16 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 16:35:52.2
> ミリオンセラーを連発しながら「労働問題」を歌い続けるアイドル、それがAKB48だ。
> 秋元康が手がける歌詞は、日本の労働をめぐる写し絵となっている。
> 会社人間、格差社会、自由競争、就活、ブラック企業、雇用の流動化……。

何の曲のことだよ

29 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 22:48:45.7
レビュー対象商品: AKB48とブラック企業 (イースト新書) (新書)

 本書の書名は『AKB48とブラック企業』となっているが、「ブラック企業」そのものを扱っているわけではない。
 本書は次の三つの観点から論じられている。

「第一に、AKB48は労働問題を多く抱えているにもかかわらず、なぜ人気を博してきたのか。
結論から言うと、むしろ労働問題は、AKB48の魅力の源泉である。AKB48は労働問題を消費する、
いわば『労働問題のショーケース』なのだ。」(p.9)

「第二に、AKB48と日本の労働の現実との関係について。AKB48の労働問題は、
2000年代後半以降、日本を揺るがしてきた労働問題と重なってくる。」(p.9)

「第三に、AKB48の歌において、労働問題がどのように歌われているか。
(中略)AKB48は現代の『ワークソング』(労働歌)の見本市である。」(pp.9-10)
http://www.amazon.co.jp/dp/4781650236/glamaz-22

30 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 22:51:58.4
レビュー: AKB48とブラック企業




31 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 22:55:05.8


32 :名無し募集中。。。:2014/02/14(金) 22:59:56.1



転載元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1392362828/


AKB48とブラック企業 (イースト新書)
AKB48とブラック企業 (イースト新書)

記事カテゴリ : AKB48 

twitterGreen240_1

AKB48 LIVE!! ON DEMAND  REVIVAL!! ON DEMAND

お世話になってるサイトの最新記事

SKE48 LIVE!! ON DEMAND  NMB48 LIVE!! ON DEMAND