BB_No-0000
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1378200603/
1:名無し募集中。。。:2013/09/03(火) 18:30:03.26 0
 アイドルグループ「AKB48」のマネジメント会社「AKS」の社長が、週刊文春の記事で名誉を毀損されたとして、発行元の文芸春秋側に約1億1千万円の損害賠償や謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決で東京地裁は3日、165万円を支払うよう命じた。

 問題となったのは2010年2月18日号の記事。
社長とAKBメンバーの間で、不適切な関係があったなどと報じた。

 判決理由で相沢哲裁判長は、「不適切な関係があったと推認することは難しい。問題になった部分のほとんどは真実ではなく、真実と信じる理由もない」とした。
文芸春秋は「承服できない。控訴する」とコメントを出した。

ソース:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/03/kiji/K20130903006543870.html

4 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:32:01.37
篠田が愛人って記事か

【関連記事】
週刊文春「AKB48は事務所社長の喜び組」

82 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 20:26:20.90
AKB社長vs週刊文春 訴訟のあらまし
http://news.ameba.jp/20130212-106/
文春スクープ連発の陰で佳境に入る「AKB48喜び組」訴訟
2月12日07時10分

 芸能報道のタブーにもなっているAKB48。芸能マスコミは悪い話題は何があってもほぼ取り上げることはない。週刊文春をのぞいては。独走スクープを飛ばしている同誌が、今年に入ってからも絶好調。丸刈り謝罪が世界に反響を呼んだ、峯岸みなみさんのお泊り、柏木由紀さんの合コン参加と2週連続で「抜いた」。AKB対文芸春秋の戦いの発端となった「喜び組」訴訟が、水面下で3年を迎えて佳境に差し掛かっている。

■始まりは3年前の「喜び組」報道

 「AKB48は事務所社長の『喜び組』」との衝撃的な見出しで報じた週刊文春の2010年2月18日号(10日発売)。国民的アイドルグループも、その前年の2009年10月に、14弾シングル「RIVER」がオリコンウィークリーで1位を獲得し、ここから国民的アイドルグループへの道を上っていった。その頃の報道だけに、衝撃は大きかった。

 週刊文春の記事内容は、運営会社AKSの窪田康志社長が、立場を利用してメンバーと仕事以上の関係を持っているというもの。固有名詞として挙げられているのが、マリコ様こと篠田麻里子さんで、社長と同じマンション(別部屋)に住んでいたり、社長名義のクレジットカードを所有していたり、しているというもの。また、肉体関係を持ったと証言する「元メンバー」の証言なども掲載されている。

 記事の標的となったAKB48の運営会社AKSが文春を、名誉棄損などで約1億7000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。10年6月1日に第1回口頭弁論がスタートし、その際には全国紙、通信社でも報道されたほどだ。

 だが、その後は、この一件を忘れるくらいにAKBの華々しい活躍もあり、世間の目は注がれていなかったが、水面下では進行していた。

■前田敦子さん泥酔だっこなどスクープ連発

 水面下で弁論準備が進んでいた間も、スクープを連発する。表向きは「恋愛禁止」の憲法をを護憲する立場をとっているために、男女交際のスクープが成立する。主なものは以下のとおりだが、12年の卒業した直後の前田敦子さんが合コンで泥酔してお姫様だっこされている写真が撮られたりしている。

◆週刊文春の主なAKBスクープ物
メンバー 内容     掲載月
大島優子 お泊り    10年7月
秋元才加 お泊り    10年10月
高橋みなみ 家族の事件 12年2月
板野友美 お泊り(同居)12年3月
前田敦子 お持ち帰り  12年10月
指原莉乃 ファンと交際 12年12月
増田有華 お泊り    12年12月
峯岸みなみお泊り    13年1月
柏木由紀 合コン    13年2月
※敬称略

 秋元さんはチームKのリーダーをはく奪され、また、指原さんは、AKB48からHKT48に転籍を命じられ、増田さんはグループ脱退するなど、影響も大きい。また、今年に入ってから、峯岸みなみさんは丸刈りでの謝罪を動画で公開したために、高級紙をはじめ世界中の大手メディアが取り上げたほど大きな反響を呼んだ。

 「報道統制をすると、やはり不満がたまるものです。かつてのジャニーズネタ→東スポのように、AKB関連で扱えないネタが文春に行く流れになっている感じですね」とマスコミ関係者が言う。

■弁論と弁論準備で19回

 提訴した2010年から、昨年12年までの間、口頭弁論を8回、弁論準備を11回重ねてきたが、どちらも折り合わずにいた。

 今後の報道にも影響を間違いなく与えるであろうことは予想でき、また賠償額が高額であることなどを踏まえ、双方とも絶対に引くに引けない戦いであることは間違いない。

 文春側は、情報提供者のネタがかなりピンポイント(篠田さんの宿泊先のホテル、篠田さんと窪田社長の打ち合わせ場所と時間などを特定)でもあるなど、取材内容には自信があるとの主張を展開している。

 一方で、AKS社長の窪田氏側は、陳述書によると、元メンバーとの肉体関係を否定した上で、「でっちあげで、それがなければ記事は成立しない」などと真っ向から否定し反論している。また、クレジットカードの件についても、代理人が文春に証拠を見せる旨を伝えたが聞き入れてもらえなかったとしている。

 戦いの場は非公開の弁論準備から公開の場へと再び移った。1月末に、窪田氏らの出廷を予定していた尋問が延期(期日未定)となった。すでに3年が経過した両者の戦いは、判決での決着に向けて、大詰めに差し掛かっている。

8 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:34:22.14
俺はメンバーと風呂に入っても平気とかいうやつ?

AKB48社長・窪田康志「メンバーとは一緒に温泉に入れる仲」→法廷失笑

9 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:34:30.63
二人の関係が愛人である
って証明するのは難しいよな

56 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 19:02:04.05
>問題になった部分のほとんどは真実ではなく、真実と信じる理由もない

これ文春の完敗じゃん
ほとんど真実じゃないって断言してるんだから嘘だって立証されたんだろう

25 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:41:20.66
>文芸春秋は「承服できない。控訴する」とコメントを出した。

ふみはるヤル気ワロタ

63 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 19:03:53.61
事実もあるんだろうけど
嘘のほうが多かったってことか

66 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 19:08:12.15
序盤戦だから
まだ両者様子見でしょ

29 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:44:13.94
ちゃんとした判決文見たいな
不適切な関係ってどういうこと?
不適切な関係が事実じゃないから損害被った?
不適切な関係が事実だったら損害無いの?
何を争ってんのかようわからん

34 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:47:24.17
>>29
文春が社長はメンバー(篠田)と愛人関係って記事を書いたけど
文春がその記事を書いたネタが真実とは
証明出来ないって判断されただけ

39 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:49:33.98
>>34
同じマンションに住んでるとか篠田にクレカ使わせてるとかいう話はハッキリするの?

51 :名無し募集中。。。: 2013/09/03(火) 18:58:19.73
クレカを自由に使わせてたのが
本当だとしても それで愛人って判断させるのは難しいな

80 :名無し募集中。。。 : 2013/09/03(火) 20:21:16.54
名誉毀損の慰謝料の相場
http://isharyou.hcafe.net/meiyokison.html
従来100万円が限度とされた名誉毀損の慰謝料が、
近年400万円・500万円が一つの基準となり、高額化する傾向があるようです


転載元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1378200603/

■朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/national/update/0903/TKY201309030451.html 魚拓
AKB記事で文春に賠償命令 「愛人関係、真実性ない」

 人気アイドルグループAKB48のイベントの企画・運営会社「AKS」(本社・東京)の社長が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋側に損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は3日、文春側に165万円の支払いを命じた。相沢哲(あいざわてつ)裁判長は「記事の一部は社長とメンバーが愛人関係にあるとの印象を与えるが、内容は真実とは認められない」と結論づけた。

 問題とされたのは、「激震スクープ!スタッフの怒り『我々は愛人を育ててるんじゃない』 AKB48は事務所社長の『喜び組』」と題した2010年2月18日号の記事。「社長と男女関係を持った」とする「元メンバー」の証言を紹介し、メンバーの篠田麻里子さん(7月にグループを卒業)について「社長と同じマンションの別室に住み、社長名義のクレジットカードを持っていた」などとする関係者の証言を報じた。

 社長側は、こうした証言内容を否定し、「AKB48のメンバーと愛人関係にあるかのような印象を与える記事だ」と主張。文春側は「特定のメンバーを優遇する社長に対して運営会社内部から批判があることを報じたもので、愛人関係にあると指摘したわけではない」などと反論していた。

 判決は、記事が社長とメンバーが愛人関係にあるとの印象を与えるとしたうえで「文春側が取材した関係者の話からは、そうした関係にあると認めることは難しい」と指摘。記事の内容は真実と認められず、文春が真実と信じた相当の理由もないと結論づけた。

 文芸春秋は「記事内容が一部認められなかったのは承服できない。控訴する」などとコメントした。

12月21日
■朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312190250.html
AKBめぐる記事、二審も文春側に賠償命令 東京高裁

運営会社「AKS」(本社・東京)の社長が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋側に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が19日、東京高裁であった。貝阿弥(かいあみ)誠裁判長は、文春側に165万円の支払いを命じた一審判決を支持。文春側の控訴を棄却した。

 問題とされたのは、「激震スクープ!スタッフの怒り『我々は愛人を育ててるんじゃない』 AKB48は事務所社長の『喜び組』」と題した2010年2月18日号の記事。当時、AKB48のメンバーだった篠田麻里子さんについて「社長名義のクレジットカードを財布に入れていた」などとする関係者の証言を報じた。

 高裁判決は、今年9月の一審・東京地裁判決と同様に「記事は、社長と篠田さんが愛人関係にあるという印象を与える」と指摘したうえで、「真実とは認められず、真実と信じた相当の理由もない」と判断した。

 文春側は控訴審で「愛人関係にあるとの印象を与えるものではない」と主張したが、退けられた。

 文芸春秋は「判決内容を精査し、上告も含めて対応を検討する」とのコメントを出した。



記事カテゴリ : AKB48 

twitterGreen240_1

お世話になってるサイトの最新記事