Gラボ [AKB48]

AKB48 SKE48 NMB48 HKT48 乃木坂46 ももクロ他 芸能ネタまとめ

2011年05月

創価学会による情報統制の実態

■ 着々と進む創価学会のメディア支配

TV・新聞が学会批判しないのはなんでだろー?

・ヤフーBBの個人情報流出、30億円恐喝事件の犯人は創価学会の幹部だった。
 しかし学会員であることは一切報道されず。
・平成11年、創価学会施設内で起きた殺人未遂事件も「団体施設」「団体職員」と表記。
05
続きを読む

テレビでは報道されない創価学会の犯罪行為

自民党も大手メディアも裏で操る創価学会”鶴のタブー”の恐怖支配
藤原弘太郎 (ジャーナリスト)

ここのところ、創価学会系メディアによる、中吊り広告を介したすさまじい”対学会批判者キャンペーン”が展開されている。いわく、『新潮社の反人権とねつ造の歴史』『ガセネタ屋「乙骨正生」にまたも司法の断罪!』『「週刊新潮」による学会報道のウソ』・・・・・・

創価学会によるこうした言論攻撃は今に始まったことではなく、メディアでは、テレビ、新聞、雑誌を問わず、創価学会批判は「鶴のタブー」として恐れられてるが、彼らが攻撃の矛先を向けるのは、メディアだけではない。

一例として、一般人にすぎない東京都江戸川区に住むAさんの経験を紹介しよう。
彼女が創価学会を脱会したのは92年。その二年前に夫を亡くし、娘たちと同居になった。それと同時に、、近所の創価学会ブロック長(既婚者で現職の高校教師)が多い時は週に4回、Aさん宅を訪れるようになる。しかも決まって夜に、だ。娘さんはいまだ未婚。そんな家に上がり込んで、明け方の4時まで居座るのである。「可哀そうだ」----そういっては、娘たちの肩を揉んだりする。
恐怖を覚え、玄関に鍵をかけるとブロック長は、非常口のサッシをドンドン叩く。

ことここに至って、Aさん一家は創価学会を辞めようと決意。脱会するやいなや、今度は地域の学会幹部が4~5人の集団で押しかけてくる。制止を振り切って、勝手に居間へ上がり込んで居座る。Aさん一家への口汚ない中傷、誹謗をわめきちらすのである。
近所には、Aは気が狂ったと触れ回り、ガス栓を細工するなどの嫌がらせ・・・・・・。これがなんと1年半にわたって続いたという。
続きを読む
BUBKA (ブブカ) 2016年10月号
BUBKA (ブブカ) 2016年10月号
楽天市場

記事カテゴリ
逆アクセス数
アクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonアソシエイト